今すぐやめよう!タバコはアンチエイジングの大敵です!

2014/07/28ライフスタイルコメント(0)

A1407211

 

 

 

タバコを吸うことは、肺に悪い影響をもたらすというのは、誰もが周知の事実でしょう。

ですが、実はタバコがもたらす害は、肺に限ったものではないのです。

健康への様々な悪影響があるのはもちろんのこと、見た目の「老化」まで加速してしまう恐ろしいタバコ。

そんなタバコがもたらす美容面での影響には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

タバコはシミ・シワを増やす!

 

年齢肌の悩みの代表的なものとして挙げられるのが、シミやシワですよね。

実はタバコを吸う習慣があると、このシミやシワを増やしてしまうということが分かっています。

 

タバコを吸うと、血管が収縮し、血行が悪くなります。

すると、肌に充分な栄養が行きわたらなくなり、顔色がくすんでしまったり、肌がハリを失い、シワができやすくなってしまうのです。

 

また、血行が悪くなることで代謝も低下してしまうため、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、シミもできやすくなってしまいます。

さらに、タバコを吸うことは、肌の乾燥をひどくしてしまうとも言われています。

 

 

喫煙は酵素不足の原因

 

A1407212

 

 

タバコを吸うと、体内で生命維持のために大切な役割を果たしている酵素が、タバコによって発せられる有害物質を排泄しようと働きます。

そして、排泄のために大量の酵素を消費してしまうのです。

 

喫煙のために大切な酵素を消費してしまうと、他の部分で代謝に働く酵素が不足してしまうという事態になります。

すると、肌の代謝も落ち、肌状態が悪くなってしまい、老けた印象になってしまいます。

 

身体もだるく感じられ、疲れがいつまでも抜けないような状態になり、全身が老けたような印象になってしまうのです。

 

 

タバコの煙が毛穴汚れの原因に!

 

A1407213

 

 

タバコを吸うと、副流煙が鼻先をかすめていきますよね。

この副流煙は、吸い込んでいる主流煙よりも多くの有害物質を含んでいると言われています。

 

そんな有害物質たっぷりの副流煙が鼻先をかすめることで、鼻の周囲の毛穴が黒ずんできてしまったりもするのです。

喫煙者が鼻パックをしたとき、喫煙していない方の鼻パックと比較すると、取れた角栓が黒いことが多いのは、このためです。

 

毛穴の状態は、肌の見た目を大きく左右します。

アンチエイジングの観点からもタバコをやめて、毛穴が美しく、きゅっと引き締まった状態を保ちたいですね。

PAGE TOP ↑