実は重要!カラーにもアンチエイジング効果が!

2014/08/27ファッションコメント(0)

 A1408201

 

 

 

黒・白・茶色といったベーシックなカラーから、ピンクや黄色といった華やかなカラー、青や緑といった涼やかなカラー・・・

身の回りには、様々なカラーが溢れています。

 

そんなカラーの中で、いつも好んで身につけたり、インテリアに利用したりしているのは、どのようなものでしょうか?

実は、このカラー選びも、アンチエイジングと深い関係があるのです。

 

 

 

アンチエイジングに効果的なカラーは?

 

A1408202

 

 

アンチエイジングの観点から見て、最も効果が期待できるカラーは、ピンクです。

ピンク色は、見ているだけでも女性のテンションを上げてくれることが多いカラーですよね。

また、ピンク色の洋服を身につけると、女子力アップした気分にもなれます。

 

そんなピンク色には、年齢と共に低下しがちな女性ホルモンの分泌をアップしてくれる効果があるのです。

女性ホルモン量が増えれば、肌がキレイになり、頭髪の悩みにも効果的だと言われています。

 

ピンクをインテリアに取り入れたり、洋服として着用するなどして、女性らしさをいつまでも維持していきたいですね。

 

また、アンチエイジングの観点では、カラーは暖色系がオススメです。

色によっても身体の冷え方が違う、ということが注目されていますね。

寒色系の色を身につけると、身体が冷えてしまうので、特に下着などは、赤やオレンジといった暖色系を身につけることをオススメします。

 

冷えはアンチエイジングの大敵なので、若々しい暖色系の下着を身につけて、しっかり防いでいきましょう!

 

 

メイクのカラー選びでアンチエイジング!

 

A1408203

 

 

毎日のように行うメイクでは、できるだけ若々しい表情を作り出したいですよね。

そこで、メイクのカラーにもこだわってみてはいかがでしょうか?

 

アンチエイジング効果のあるカラーは、やはりピンクや暖色系です。

こういった色合いのものをメイクの下地に用いたり、ポイントカラーとして取り入れることで、若々しさを演出しやすくなります。

 

一方、緑や青といったカラーは、肌の透明感をアップさせてくれます。

年齢と共にくすみが気になる方にはオススメのカラーですが、使い方を間違えると、かえって顔色が悪く見えてしまい、逆効果となるので注意しましょう。

PAGE TOP ↑