癒しのひと時・・・コーヒーにもアンチエイジング効果が!

2014/09/02飲み物コメント(0)

A1409011

 

 

 

コーヒーを朝から1杯飲んで、ホッと一息つくのは、極上のリラックスタイムですね。

そんなリラックスタイムには、実はアンチエイジングの効果があるのです。

コーヒーがもたらすアンチエイジングは、その成分に秘密があります。

他のアンチエイジング効果がある飲み物と比べると、更に優れた部分も見えてきました。

 

 

 

コーヒーに含まれる抗酸化物質

 

A1409013

 

 

コーヒーがアンチエイジングに効果的と言われる大きな理由は、コーヒーに含まれる抗酸化物質です。

 

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールがアンチエイジングに役立つ抗酸化物質である、というのは有名な話ですね。

そんな魅力的なポリフェノールの一種が、豊富に含まれているのです。

 

このクロロゲン酸には、紫外線による肌のダメージを改善してくれる効果が期待できると言われています。

シミを防いだり、身体のサビの原因となる活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングの心強い味方となってくれるのです。

 

 

コーヒーのポリフェノールは摂取しやすい!

 

A1409012

 

 

抗酸化物質、ポリフェノールが含まれていると言われる食べ物や飲み物は多数あります。

食べ物では、チョコレートなどがよく知られていますね。

それから、飲み物ではワインのポリフェノールは知らない人はいないほど有名です。

 

ですが、これらの食べ物や飲み物を考えてみると、どちらもアンチエイジングの面で逆効果なところがあります。

 

まず、チョコレートには大量の糖分も含まれるため、糖化現象の原因になってしまいます。

糖化は老化を早めるので、ポリフェノールによる効果よりも、糖化による老化のほうを強く感じてしまう場合もあるでしょう。

 

また、ワインはたくさん飲むと、肝臓に負担がかかることもあります。

アンチエイジングのためには、健康を維持することも大切なので、その点では逆効果になることもあるのです。

 

それに対して無糖で飲むことができるコーヒーは、アンチエイジングには役立てやすい飲み物です。

もちろん、飲み過ぎれば胃に負担がかかりますが、適量を飲む分には大きな問題は生じません。

 

そのため、身体にあまり負担をかけずにポリフェノールを摂取できるという点でも、アンチエイジングに役立つ飲み物として注目を集めているのですね。

PAGE TOP ↑