シワシワを改善しょう!意外に気付きにくい手の老化対策

2014/12/10手元コメント(0)

A141208

 

 

例えばネイルが終わってスマホで写真を撮ろうとした時に、自分の手を見ると老化が進んでいて驚いたことはありませんか?

 

乾燥した空間にいると、顔だけではなく手も同じように乾燥することでどんどん老化が進んでしまうのです。

意外に気付きにくい手の老化を食い止める方法をここでご紹介します。

 

 

実は手の老化の方が深刻…

 

顔のケアほど念入りに手のケアをしている人は、あまりいないのではないでしょうか?

手のモデルさんなら、顔のスキンケアをするような感覚で、手も完全なスキンケアを毎日欠かさずしているそうです。

しかし、一般の人は手が乾燥していると感じた時にハンドクリームを塗るくらいだと思います。

 

手の皮膚は、顔よりもターンオーバーの周期が遅いので角質がそれだけ生まれ変わりにくいのです。

さらには、外的刺激も受けやすいので乾燥しやすく、乾燥で硬くなった肌はさらにターンオーバー周期が遅れたり乱れたりします。

 

ネイルを頻繁にする人は、爪からの呼吸を妨げるため、さらに手の老化が進行させてしまうことも…。

水仕事で手荒れが起こっても、なかなか治りにくいのはターンオーバーがうまくいっておらず、手の老化がすでに進んでいると言えます。

 

 

手の老化防止のために気をつけること

 

手の老化を防止して、いつまでも美しい手を保つ方法をご紹介します。

 

1)常に保湿を心がける

 

実は、手は顔よりも保湿を心がけなければいけません。

完全な保湿を心がけたいのであれば、顔と同じように化粧水、乳液、美容液、UVカットクリームを用いたスキンケアを習慣づけましょう。

日常では、ハンドクリームによるこまめな保湿を心がけます。

 

2)ネイルを長時間しない

 

手の老化を防ぐために、ネイル自体をやめてしまう女性もいますが、ネイルは長時間塗りっぱなしでなければ問題はありません。

ネイルは長くても一週間程度で落として、一週間程度のお休み期間を設けてあげましょう。

 

3)手袋をして寝る

 

寝る前に手の保湿をしたら、すぐに手袋をします。

手袋で手を覆うことで保湿効果がグンと上がって、手の老化を防止、改善できます。

PAGE TOP ↑