本当にあってる?アンチエイジングのための正しい保湿方法

2014/12/12スキンケアコメント(0)

A141210

 

 

毎日しっかりとスキンケアをしているはずなのに、最近シミやシワが目立ってきたということはありませんか?

それはもしかしたら、スキンケアの方法が間違っているのかもしれません。

 

特に保湿のタイミングを間違えてしまうと、肌老化はどんどん進んでしまいます。

ここでは、肌老化を防止する正しい保湿方法をご紹介します。

 

 

乾燥肌が老化肌を招くはじまり

 

肌が一時的に乾燥するのではなく、肌の奥まで常時乾燥している状態を乾燥肌と言います。

スキンケアでしっかりと保湿ができていないと乾燥肌になってしまうことが多く、肌トラブルや肌老化が起こりやすくなります。

 

乾燥肌は、肌のターンオーバーの周期が乱れているので、古い角質が残りやすくシミもできやすくなります。

また、保水力もダウンするので肌のハリが失われてシワが目立ってきます。

 

 

化粧水をするタイミングとは?

 

保湿といえば、基本はやはり化粧水ですね。

化粧水をするタイミングは、いつが好ましいと思いますか?

洗顔をした後に、タオルで顔を拭いて、どれくらい後に化粧水をしますか?

 

保湿のための絶好のタイミングは洗顔してタオルで顔を拭いた直後です。

洗顔後は肌も柔らかくなっているので化粧水が浸透しやすくなっていますから、タイミングを逃さないようにしたいですね。

 

 

どうして乳液が必要なのか?

 

化粧水をした後には、乳液を塗りますが、なぜ乳液が必要なのか?という疑問を抱く人も多いようです。

化粧水は水溶性の保湿化粧品、乳液は油溶性の保湿化粧品になるのですが、水溶性は空気中に逃げてしまう可能性がとても高いので、化粧水を浸透させたと思っても、時間が経つにつれて蒸発することも多いのです。

 

上から塞ぐように、その蒸発を防ぐのが油溶性の乳液なのです。

ですので、乳液は化粧水をしっかり浸透させた直後に肌に隙間なく塗るのがベストです。

 

化粧水の後に時間をあけてから乳液をしている人も多いですが、化粧水の浸透後は素早く乳液で覆ってあげましょう。

 

こうして、正しく保湿することで肌は若々しく生まれ変わります。

特別に美容液なども不必要となりますから、経済面でもすごく助かりますよ!

PAGE TOP ↑