便秘解消と美白効果!永作博美も飲んでいる甘酒豆乳のアンチエイジングパワーとは?

2014/12/14飲み物コメント(0)

A141212

 

 

今年43歳とは思えないほどチャーミングで若々しい女優の永作博美さんは、毎朝、甘酒豆乳を飲むのが日課になっているそうです。

その効果なのか、永作さんの肌は美白でハリがあってトラブルひとつありません。

 

一体、甘酒豆乳にはどんなアンチエイジングパワーが秘められているのか?ここで詳しくお話しします。

 

 

甘酒が持つアンチエイジング効果

 

甘酒には、たっぷりの食物繊維とオリゴ糖が含まれています。

食物繊維は、腸内で便通を助けてオリゴ糖はビフィズス菌を増やして腸内環境を整えます。

肌荒れの原因に便秘がありますが、それは便秘によって老廃物が溜まりやすい体になっているために肌荒れが起こってしまうのです。

 

さらに甘酒に含まれる麹菌によってメラニンは抑制されて、シミのない美白肌を保てるのです。

甘酒だけでも、かなりのアンチエイジング効果が見えてきましたが、そこに豆乳が加わると一体どのような効果があるのか?

それを次でお話ししたいと思います。

 

 

豆乳が加わることでどうなる?

 

豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た性質を持つ成分で、美肌、美髪といった女性らしさを保つために作用してくれます。

甘酒と同様に、オリゴ糖も沢山含んでいるのでダブル効果で便秘を解消してくれるのです。

 

 

いかがでしたか?

腸内環境を整えて美白効果がある甘酒に、大豆イソフラボンとオリゴ糖を含んだ豆乳を加えて、朝から美味しくアンチエイジングライフをスタートさせませんか?

目指すは、永作博美さんですね!

PAGE TOP ↑