老化は血管から始まる?ストレッチで動脈硬化を防ごう

2015/01/16ボディコメント(0)

A1501061

 

 

女性は特に肌の老化ばかりに注目しますが、実は老化は表面ばかりではなく、内側でも進行しているのかもしれません。

例えば、血管が老化して詰まりやすくなっていることで栄養がうまく行き渡らずに、肌や髪の老化につながることもあるのです。

 

ここでは、血管の老化を防止する血管ストレッチについてお話しします。

 

 

メタボやストレスが原因の動脈硬化

 

動脈硬化は、血管が硬くなって詰まりやすくなる症状の病気で、生活習慣病のはじまりでもあります。

動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞などに発展することもありますから、とても危険なのです。

 

血管はストレスでも硬くなります。

動脈硬化の原因はメダボが代表的ですが、ストレスによって、引き起こされることもあるのです。

血管が硬くなると、血管老化が進行します

 

 

運動不足も血管老化を進行させる

 

動脈硬化は、メタボやストレスだけが原因ではありません。

適度な運動はできていますか?

毎日座りっぱなしの生活を送っていませんか?

 

運動不足になると、体内に活性酸素が多く発生するようになり、それによって血管が老化します。

運動不足による血管老化を防ぐためには、血管に効くストレッチがオススメです。

 

ハードな運動は続けるのが大変かもしれませんが、ストレッチなら続けやすいですよね。

 

 

簡単な血管ストレッチ方法

 

それでは、血管老化に効果的で、とても簡単に行なえる血管ストレッチをご紹介します。

 

まず、肩幅くらいに足を開き直立します。

そのまま、頭の上で両手を組んでまっすぐに伸ばしたら、組んだ手を左に倒します。

すると、上体が自然に左に倒れて右の脇がグーッと伸びますね。

 

伸びきったところで15秒静止したら、今度は反対の右にも同じように倒します。

左右2セットずつくらいからトライしてみてください。

 

このように、ハードな運動よりも緩やかなストレッチの方が血管老化には効果的です。

血管老化から表面的な肌や髪の老化に発展しないようにしっかり血管ストレッチをしていきましょう。

PAGE TOP ↑