血行不良は老化のもと!冷えを解消する栄養で若々しさを保つ

2015/01/28美容成分コメント(0)

A1501111

 

 

体を冷やすとどんどん老化は進んでいきます。

血行不良により体の隅々まで栄養が行き渡らなくなるので、アンチエイジング効果がある成分を補給していても、効果はなかなか得られません。

 

血行不良による冷えを外側からケアすることも大事ですが、内側から改善するのが一番の対策だと言えるでしょう。

食事によって冷えを解消し、健康で若々しい肌や体を目指しませんか?

 

 

冷えを解消するビタミン類は?

 

冷えを解消するためのビタミンはしっかり摂れていますか?

栄養バランスを考えて毎日食事をしていれば問題はないと思いますが、偏った食事ですとビタミンBやE、Cなどはあまり摂れていないかもしれません。

 

ビタミンBやE、Cは美容やアンチエイジングでも効果が高いビタミンとして紹介されることが多いですが、実は冷えを解消する効果もあるのです。

ビタミンEは、血行を促進するビタミンとして有名でアボガドやかぼちゃなどに多く含まれています。

ビタミンBは、食事から摂った糖質や脂質、タンパク質などを体のエネルギーとして変換する際に必要なビタミンで、効率よく発熱してくれるので冷えの改善につながります。

ビタミンB1、B2が特に効果が高く、豚肉やうなぎ、レバー、納豆などに多く含まれています。

 

次にビタミンCですが、毛細血管を丈夫に保つ作用があり、血行促進を手伝い冷えによる老化を防いでくれます。

ビタミンCはアセロラやレモン、キウイフルーツなどに含まれています。

 

 

良質なタンパク質で冷えを解消!

 

血行を促進して冷えを解消してくれる栄養素はビタミン類だけではありません。

良質のタンパク質がなければ、熱を発することもできずに血行も悪くなるのです。

 

食べ物を摂ったあとに、体内で分解、吸収などされると熱を発します。

その熱を発する量が一番高いのがタンパク質なのです。

 

タンパク質は筋肉をつけるためにも必要な栄養素で、筋肉が少ないと血行も悪くなり冷え性を招きやすくなります

良質なタンパク質は、大豆製品や肉や魚などに多く含まれています。

 

冷えは万病のもとと言いますが、老化のもとでもあります。

食事を意識的に改善することで血行を促進して、アンチエイジングにつなげていきましょう。

PAGE TOP ↑