ゆるいから続けられる!週2日のプチ断食で老化防止を

2015/02/06アイデアコメント(0)

A1502021

 

 

昔から腹八分目の食事が寿命を伸ばすと言われてきましたが、控えめな食事は寿命だけではなく老化も食い止める効果があります。

ダイエットや健康の分野で大ブームとなった断食ですが、ちょっと辛そうな方法に思えますよね?

ちなみに断食はアンチエイジングにおいても、とても効果があります。

 

本格的な断食ではなく、ちょっとゆるい断食なら実践できるのではないでしょうか?

ここではアンチエイジングに効果がある「ゆる断食」をご紹介します。

 

 

ゆる断食とは?効果はあるの?

 

ゆる断食とは、本格的な断食ではなく、週に2日だけプチ断食を行なうというものです。

週2日だけで、その2日も完全な断食ではないので無理なく続けられることから、ダイエットの分野で人気になりました。

 

最近ではアンチエイジングの分野でもゆる断食が注目されはじめていますが、断食と同じく、老化を抑える遺伝子にスイッチが入り老化を防止する効果があります。

しかし、本格的な断食では、健康面に悪い影響が出てしまうのでオススメできません。

そこで、ゆる断食が注目されているということなのです!

 

 

ゆる断食の方法

 

ゆる断食のルールは以下の通りです。

 

・週2日プチ断食、週5日は何を食べてもOK

・プチ断食は1日500kcalまで食べてもよい

・プチ断食の日は1日1食か2食にしてトータルで500kcalまでOK

・本格的な断食ではないので次に日からはすぐに普通の食事に戻す

・プチ断食は2日続けて行なわないこと

 

5つのルールを守りながら、ゆる断食を行なうことで老化を抑える遺伝子にスイッチが入りアンチエイジング効果が期待できます

長く続けることで効果はさらにあがるため、ゆるく長く続けるのがポイントとなります。

PAGE TOP ↑