エイジングケアは20代から?年代別の方法の違いも知ろう

2015/02/09心構えコメント(0)

A1502041

 

 

エイジングケアは、具体的には何歳から始めればよいのかを考えたことはありますか?

老化現象が少し現れ始めた頃、20代から、いや30代じゃないかな?といった様々な答えが返ってきそうですが…

 

実はエイジングケアは、なるべく早い方がいいのです。

しかし、年齢によってケア方法は少々異なります。

 

エイジングケアは一体いつから始めるのか?

年齢によってどう変わっていくのかをご説明します。

 

 

肌老化が始まる前にエイジングケアを

 

エイジングケアは、実は20代から始めるのが理想的です。

20代前半から、今後のためのエイジングケアを始めなければ、個人差はもちろんありますが、20代後半から肌老化などが表面化してきます。

 

肌の老化が一番早くに表面化すると思いますが、20代後半になってから、なんとなく肌のハリがなくなった、毛穴の開きが目立つようになったと思ったらそれは肌老化が始まっている証拠です。

それからになってエイジングケアを始めても厳密には少し遅いということになります。

 

 

年代別でエイジングケアは違う

 

20代の前半からエイジングケアを始めるとするならば、まずは肌の基礎的なコンディションを崩さない努力をすることです。

美肌を保つためにはターンオーバー周期が乱れないようにすることが大事ですね。

睡眠や食生活に気を配って肌の基礎的なコンディションを整える生活を送りましょう。

 

30代からは少しずつ補うエイジングケアをしていくべきです。

少しずつ減少していくコラーゲンやコラーゲン生成に欠かせないビタミンCを化粧品などで補っていきましょう。

 

40代からは更年期のことも考えたエイジングケアを心がけるべきです。

乱れるホルモンバランスを整えながら、さらには細胞から若返らせる効果があるプラセンタなどが40代からのエイジングケアにオススメです。

 

このようにエイジングケアを始めるのは1日も早く、その後は年代別にケア方法を変えていくことです。

PAGE TOP ↑