アラフォーからハリがダウン!まつ毛のエイジングケア始めてる?

2015/02/16目元コメント(0)

A1502071

 

 

まつ毛はアラフォーくらいから少しずつ元気がなくなってきますよね。

まつ毛にハリがないだけで、なんとなく老けた印象になります。

 

ピンと上向きのまつ毛を目指してエイジングケアをしませんか?

ここで、とっておきのまつ毛のエイジングケア方法をご紹介します。

 

 

なぜ、アラフォーでまつ毛のハリが減少するのか?

 

あんなにハリがあったまつ毛だったのに、最近元気がないなあと感じ始めるのは、多分アラフォーくらいだと思います。

まつ毛をマスカラでかなり盛っても余計にヘタるばかりで、なかなか思い通りにカールできないという日が多くなっていませんか?

 

それはまつ毛にも老化現象が起きている証拠です。

アラフォーくらいになってくると血流も次第に悪くなってきます。

運動を定期的に行なっている人ならまだいいですが、運動量も減って来ると深刻で、まつ毛にまでなかなか栄養が行かなくなり、まつ毛のハリ、量がダウンしてしまうのです。

アラフォーくらいから髪のうねりも出てきますが、それと同じくまつ毛にもうねりが出ることがあります。

 

 

まつ毛をピンと上向きにするエイジングケア方法

 

まつ毛にエイジングケアは、なるべくなら30代前半から始めた方がいいです。

老化現象が起こってからのエイジングケアでは、ちょっと遅いかもしれません。

 

基本的には血流が悪くならないために気を配るべきですが、育毛に効く栄養素を摂ることでまつ毛もピンと上向きになります

育毛に効く栄養素はビタミンB群、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンです。

ビタミンB群は豚肉、豚レバー、うなぎ、にんにく、しじみ、マグロなど、ナイアシンはたらこや鰹、パントテン酸は鶏レバーや卵黄、葉酸はのりや緑黄色野菜、ビオチンは大豆製品や牛レバーによく含まれています。

 

まつ毛にいい育毛成分を30代前半から積極的に摂って、まつ毛のエイジングケアをしていきましょう!

PAGE TOP ↑