若返り物質を出そう!ランナーズハイで若返る方法とは?

2015/03/08スポーツ・運動コメント(0)

A150304

 

 

ランナーズハイという状態を知っていますか?

ジョギングやマラソンで走り出してからしばらくは、体力的にかなり辛くなりますが、その域を越えて急に走るのが心地よいと感じる状態のことを、ランナーズハイと言います。

 

実は、ランナーズハイの状態は若返りと関係しているのです。

ここでは、その関係性についてお話しします。

 

 

ランナーズハイと若返りの関係

 

ランナーズハイになると、なぜ急に心地よいと感じるようになるのか?

それは、リラックス状態にする脳波とホルモンが脳内に広がるからなのです。

 

リラックス効果をもたらす脳波はα波、ホルモンはβエンドルフィンで、この2つはヒーリング音楽でもよく聞く言葉ですよね。

この2つがもたらすのはリラックス効果だけではなく、脳の働きを活性化してアンチエイジング効果をもたらしてくれるのです。

 

つまり、ランナーズハイ状態を意図的に日常に取り入れることで、アンチエイジングができるのです。その方法を次にご紹介します。

 

 

無理なくランナーズハイを生み出す

 

ランナーズハイを生み出すには、ジョギングやマラソンをしなければいけないのではないか?と考えている人もいるかもしれません。

しかし、そんな過酷な方法を用いなくてもランナーズハイ状態に脳を導けるのです。

 

あまり運動をしていない人にとって、ジョギングどころかマラソンというのはハードな運動だと思います。

ランナーズハイを生み出す域というのは、その人が普段取り組む運動量によって高さが変わってきて、あまり運動していない人なら少しペースを上げた散歩を30分するだけでOKなのです。

 

特にデスクワークばかりで毎日が終わってしまう人は、体が老化傾向に傾いているはずです。

1日30分のハイペースウォーキングを散歩的に取り入れて若返り物質を脳内に発生させましょう。

PAGE TOP ↑