スキマ時間に!片足スクワットで成長ホルモンを増やそう

2015/04/10スポーツ・運動コメント(0)

A1504041

 

 

若返るためには、アレもコレもやらなければと想像しては頭の中が難しいことになっていませんか?

アンチエイジングもポイントをおさえて対策をしていくことで、着実に若さをキープできます。

その確実な方法の一つに「太ももの筋力アップ」があります。

 

太ももの筋力をアップすることでどんなアンチエイジング効果があるのかをここでご説明します。

 

 

太ももと成長ホルモンの関係

 

筋肉を動かしたり鍛えたりすることで刺激を与えると成長ホルモンがたくさん分泌されて、それがアンチエイジングにつながります。

特に太ももや胸の筋肉量は多く、少しの刺激で脳に指令が行き、若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンが分泌される部分。

年齢を重ねるごとにダイエットをしなければと思うことは多いとは思いますが、筋肉を鍛えることは体力面も考えるとだんだん億劫になってきますよね。

 

しかし、筋肉を鍛えることこそがアンチエイジングに近道であり、ダイエット効果もアップするのです

筋肉を鍛えると言っても、小さな筋肉を鍛えていても効率が悪いだけ…。

そこで、大きな筋肉がある太ももを鍛えることで、効率的にアンチエイジングができるのです。

成長ホルモンを沢山分泌して、見た目年齢をもっともっと−に傾けて行きませんか?

 

 

片足スクワットで太ももを鍛える

 

太ももの筋力をアップするのは、そんなに難しいことではありません。

一番効くのは「腿上げ」です。

問題は、どのタイミングで「腿上げ」をするかですよね?

まさか、外を歩いている時に腿を大きく上げて歩くなんてことは、人目が気になってなかなかできないと思います。

 

例えば、テレビを観ている時間ですが、寝転んだり座ったりして観るのではなく立って観るようにしましょう。

そして、片足立ちでスクワットを右足で10回、左足で10回程度行ないます。

たったこれだけの運動でも回数を重ねることで太ももの筋肉を鍛えられます。

 

成長ホルモンが分泌されると、お肌や髪もツヤツヤに若返って行くのを実感できるはずです。

PAGE TOP ↑