ライチを食べて美肌を保ったムチムチ美女・楊貴妃!アンチエイジャー必見の美容フルーツを解説!

2015/06/08食材コメント(0)

A150603

 

 

中国・唐の時代に玄宗皇帝の寵愛を一身に受けた美女中の美女、楊貴妃。

クレオパトラ・小野小町とともに、世界三大美女の一人と言われた楊貴妃は、きめ細やかで美しいお肌の持ち主としても語り継がれています。

 

特に楊貴妃が好んだといわれるのが、中国で現代も「女性の美しさの味方」として好んで食べられているフルーツ・ライチです。

ここではそんなライチについて、まとめてみました。

 

 

ライチの成分と効能

 

ライチには次の成分が多く含まれています。

 

・葉酸(貧血の予防、DNAと細胞の合成・増殖)

・ビタミンC(抗酸化物質、コラーゲンとエラスチンの生成に欠かせない、保湿力も)

・マンガン(女性ホルモンの生成、不足しがちな体内酵素の材料になる)

・カリウム(むくみの予防に)

・食物繊維(腸内のスイーパー)

 

また、ライチは東洋医学でいい血を増やす効能があるといわれており、種は「レイシカク」と呼ばれ漢方の胃腸に効く生薬として使われています。

 

体のめぐりを良くしてくれる上に、たっぷりの美容成分を含んでいるライチ。

楊貴妃が効能を知っていたかどうかはわかりませんが、ライチはまさにアンチエイジングにぴったりなミラクルフルーツといえます。

 

 

楊貴妃はムチムチでダンサブルな歌姫!今でいう渡辺直美さんです

 

楊貴妃はもともと、玄宗皇帝の息子の妻でした。

ところが、楊貴妃を一目見た玄宗皇帝はたちまち虜になってしまい、結果的に自分の妻として奪ってしまうのです。

 

楊貴妃は、実は当時の唐の女性の平均よりもムチムチしていてグラマラスな女性だった、ということが現在でも残っている肖像画や掛け軸からわかっています。

特技は歌と踊りで、大変エネルギッシュな魅力にあふれた美女でした。

柔らかそうなスタイルとキレイなお肌を持つダンサブルな歌姫、今でいう渡辺直美さんのような女性だったのかもしれません。

そんな楊貴妃の美貌と健康を支えたライチを、美しさと元気さを保つためにお役立てください。

PAGE TOP ↑