白髪1本でプラス5歳見えの恐怖!!増やさないための髪のアンチエイジング法まとめ

2015/06/12コメント(0)

A150605

 

 

友達と楽しくおしゃべりをする休日のカフェ。
ふと彼女の髪を見たら白いものがあって、自分もそうなのかなと時の流れにしみじみしてしまう…。

30代も半ばになってくると、そんな切ない経験が増えてくるものです。

 

女性にとって白髪は、たった1本でも確実に見た目年齢を老けさせてしまう困りもの。

なるべくなら増やしたくない!と思う方がほとんどではないでしょうか?

 

ここでは気になる白髪を予防するための方法や、もし見つけたらどうすればいいのかをまとめてみました。

 

 

白髪が出来るまでのメカニズム

 

白髪なのに妙に元気で、ハリやコシがある白い髪の毛がピンっと立ってしまって困っている、そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

確かに白髪が「髪の毛が弱ってなってしまうもの」ならば、弱って細くなってしまった毛から先に白くなってもいいはずです。

これはいったいどういうことなのでしょう?

 

髪の毛を作り出す毛根の細胞の中には「髪の毛を作る細胞」と「髪の色を生み出す細胞」の2種類がセットとなっていて、髪を生成しています。

ところが毛根の細胞に栄養が行きにくくなると、髪の色を生み出す細胞よりも髪の毛を生み出す細胞の方へと、優先的に栄養が回されてしまうのです。

つまり、髪の質は変わらず色だけが付いていない「白髪」の状態になって髪が生えて伸びることになってしまうのです。

 

 

白髪を増やさない方法!原因と対策をレポート!

 

毛根に栄養がいきわたりにくくなり、白髪になってしまう原因は大きく分けて二つあります。

ここでは、原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

 

 

・ストレスで頭皮の血管が収縮して血流が悪くなる

仕事・家庭・子育て・ご近所・親戚…

現代女性は様々なストレスにさらされて生きていかなくてはいけません。

ストレスを受けると、脳は「攻撃から身を守るために戦わなくては!」と血圧を上げて筋肉に血液を送ろうとします。

血圧を上げるために血管が収縮してしまうので、頭皮の血行が悪くなってしまうのです。

すると、毛根は血液から栄養を受け取ることが出来にくくなるので、栄養不足となります。

 

頭皮の血行を良くするには、ストレスをコントロールして緩和することと、頭皮の血行を良くするためのヘッドスキンケアが有効です。

 

毎日のお風呂タイムで、頭皮を指でギュギュっとマッサージしてあげるだけでも違います。

ヘアサロンやエステでヘッドスパを受けるのも、ストレス解消もかねていい効果が期待できます。

 

 

・食事から必要な栄養分が摂取できずに毛根が栄養不足になる

ストレスをコントロールして頭皮の血流を良くしたとしても、血液そのものに栄養がないのでは毛根に栄養は届けることが出来ません。

髪を作るために必要な栄養素は、主成分の動物性タンパク質とビタミンC・亜鉛・銅・ヨードなどの各種ビタミン・ミネラルです。

 

良質の肉や魚介類・卵と一緒に、亜鉛を含むゴマや牡蠣、ヨードを含む海藻類などをバランスよく食べましょう。

 

 

髪のハリやコシも失われてしまう毛根の栄養不足

 

白髪を増やさない方法は、そのまま髪のハリやコシを失わないためのヘアケアにも通じるものがあります。

髪は女の命、艶やかでヘルシーな髪でいられるように、ぜひ参考になさってくださいね。

PAGE TOP ↑