紫外線に負けない白い肌にはホワイトオムレツがおすすめ!レシピもここでチェックしてね

2015/08/08食材コメント(0)

A1508031

 

 

8月になってますます暑い日が続き、容赦ない強い日差しが毎日のようにお肌や髪へ降り注ぎ続けますね。

日差しに含まれている紫外線を浴びるといずれシミが出来る!というのは、もはや国民の常識と言ってもいいくらいの事実です。

 

でも、そのために毎日綿密なUVケアをして外出し続けるというのもうんざり!と思ったことはありませんか?

 

今年の夏は思いっきり、気にせず太陽の下で夏を満喫したいと思うなら、ぜひホワイトオムレツを食べることをおすすめします!

 

 

ホワイトオムレツとは?

 

ホワイトオムレツとは、卵白と調味料のみ、黄身は取り除いて作る白いオムレツです。

有名ホテルや朝食が食べられるカフェの中にも、朝食のメインメニューの一つにラインナップしている場所が増えています。

 

そんなホワイトオムレツは、もともとプロのアスリートが筋肉作りのために食べ始めたことがきっかけで生まれました。

美と健康にうるさいハイウッドセレブにも人気が高く、特に「鬼」と呼ばれているトレーナー、デヴィット・カーシュ氏が朝食に勧めたことでブームとなりました。

 

「鬼」トレーナーのデヴィット・カーシュ氏は、まるでビリー隊長のようなストイックなワークアウトと徹底した食事のコントロールを行うことで知られていますが、彼のトレーニングで手に入れる事の出来る美ボディは、女性のあこがれそのものです。

 

ニコール・リッチーやリヴ・タイラー、ビクトリア・シークレットのモデルであったハイディ・クルムも、彼の信念に感銘し、朝のホワイトオムレツで美しさを保っていると話題になりました。

 

 

ホワイトオムレツがなぜ紫外線対策に良いの?

 

ホワイトオムレツの材料である卵の白身は

 

・脂質ゼロ

・良質なたんぱく質が豊富(黄身の1.4倍)

・低カロリー(黄身の約1/3)

・必須アミノ酸を豊富に含む(黄身よりも多い)

・コレステロールが低い

 

と、美容とダイエットに最適な食材です。

 

特に、この良質のたんぱく質こそが、お肌にはなくてはならない物なのです。

良質のたんぱく質はもちろん肉類にも含まれていますが、肉類は部位によって大量の脂質も含んでおり、カロリーを摂りすぎてしまう場合があります。

カロリーを気にせずに食べることが出来るという点では、白身に軍配が上がりそうですね。

 

ホワイトオムレツを食べると、体の中には低カロリーで良質なたんぱく質が豊富に補給され、お肌の新陳代謝の際に使われて新しい肌の元となります。

実は「肌の新陳代謝を高める」と言っても、新しく作り出されるお肌の材料(=タンパク質)が不足していたのでは、ターンオーバーがうまくいかないのです。

 

肌のターンオーバーは、紫外線によって生成されたメラニンを肌の外に追い出して角質として剥がし落とす働きを持っています。

ところがずっと剥がれ落ちないメラニンの色素は、やがて肌細胞に沈着してしっかりとしたシミとして根付いてしまいます。

 

つまり、ホワイトオムレツのようないいタンパク質を豊富に含む食事を食べておくことで、メラニンが肌に根付かないように「予防」できる強いお肌になることが可能なのです。

 

 

ホワイトオムレツのレシピ 作り方は簡単!すぐできます

 

ホワイトオムレツは、「白身だけでオムレツを作る」と覚えておけばすぐに作ることが出来ます。

ダイエットが気になる方は、ミルク類やオイルは使わずに作りましょう。

卵は1食分で3個が目安、味付けは好みでOKですが、塩コショウだけでもさっぱり美味しく食べられます。

 

時間があるときには腹持ちと食感を良くするために、ふんわりメレンゲを泡立ててから作るとおしゃれで優雅な朝食を楽しめます。

 

と言っても毎朝、そんなに時間がないという時は、オムレツにせずスクランブルエッグ風にしても十分美味しいです。

 

ホワイトオムレツは黄身が入った卵料理と比べると、ちょっと味わいに物足りなさを感じるかもしれません。

ケチャップなどのソースを少し添えていただくといいでしょう。

PAGE TOP ↑