妙齢女性の加齢臭が増えています!アンチエイジングマナー、あなたの体オバ臭くない?

2015/08/19ニオイコメント(0)

A1508081

 

 

最近女性のデオドラント用品のなかで「加齢臭対策」グッズが増えてきています。

加齢臭と言えば男性特有のもの、というのは一昔前の話。

実は女性にも加齢臭で悩み・悩まされている方が増加しているのです!

 

ここでは、夏に気になるニオイの中でも、大人の女性なら何とかしておきたい「加齢臭」についてまとめてみました。

 

 

加齢臭の原因!ノネナール

 

加齢臭は、その名の通り加齢によって気になるようになってくる独特の体臭を言います。

原因は皮脂腺と一緒に分泌されるパルトミオレイン酸の酸化で、その時に発生する物質が「ノネナール」というにおい成分です。

 

若い時には皮脂腺からのパルトミオレイン酸の分泌が少なく、またホルモンの働きで酸化が抑えられるので、ノネナールは発生しにくいのです。

しかし、加齢とともに分泌量も増えホルモンバランスも変化してしまうため、結果的にノネナールが体臭に与える影響が増えてしまうのです。

 

ノネナールはアルデヒドという物質の仲間です。

加齢臭以外で代表的なものですと、ひどい二日酔いの人に漂うモワっとした臭いがアルデヒド系です。

決していいにおいとは言えないことは、一目瞭然ですね。

 

ちなみにノネナール本来の臭いは青臭く油っぽいにおいなのですが、その他のさまざまな体臭と混じり合うことで、独特のノネナール臭に変化していきます。

 

人によってさまざまな「不快」さを感じるノネナール臭ですが、

 

・カビのような臭い

・古雑誌や古新聞のような臭い

・チーズのような臭い

 

という意見が多く聞かれます。

古く熟成した臭いというのが、加齢臭に共通する特徴と言えるでしょう。

 

 

女性だからこそ加齢臭が目立つ!出やすい場所を清潔にしておきましょう

 

女性はもともと男性より皮脂の分泌が少ないので、ノネナールももちろん出来にくいのです。しかし、だからこそ気を付けてケアしておかないと「女性なのに加齢臭が臭い!」と周りに思われてしまいやすいので注意しましょう。。

 

女性の加齢臭が出やすい部位は次の

 

・頭皮

・耳の後ろ

・バストの谷間

・うなじ

・ワキ

・Tゾーン

 

です。

 

これらはどこも皮脂腺が集まっているので、古い皮脂が溜まりやすい場所です。

ノネナールが発生する前に、古い皮脂を洗浄し清潔にするように心がけましょう。

 

と言っても、ゴシゴシこすったり洗いすぎたりするのはNGです。

皮脂は取り去られすぎると、かえって分泌が促されてしまい、新たな加齢臭の原因を作り出してしまいます。

 

泡立てた石鹸で、優しくパックするように洗うだけでも十分汚れは浮き上がります。

決してナイロンタオルでゴッシゴシとこすらないように、優しく毛穴の清潔を保ちましょう。

 

 

ときめきが加齢臭を抑えてくれるかも…

 

また、加齢臭は女性ホルモンの絶妙なバランスによって抑えられていることもわかってきています。

女性ホルモンは毛穴の開きや皮脂分泌量をコントロールしているので、もちろんノネナールの生成にも関わりが深いのです。

 

いくつになっても毎日ときめきを感じる、みずみずしい気持ちが、ストレスを遠ざけて女性ホルモンを安定させ、加齢臭の発生を抑えてくれるかもしれません。

 

もちろん恋する気持ちもその一つです。

関連記事
  • 記事はありませんでした

PAGE TOP ↑