大人女性の老けを招く最新ストレス「パスワード忘れ」!回避する方法を考える!

2015/09/03心構えコメント(0)

A1509011

 

 

いつまでも若々しくキラキラした女性でいたい…。

そんな願いをかなえるために、アンチエイジングに良いと言われる生活スタイルを日々心がけている方が、男女問わず増えています。

 

ところがいくら食生活や運動、睡眠、紫外線対策など、能動的に注意を払って暮らしていたとしても、思いがけない原因のせいで老けを招いている可能性があります。

それが生きて社会生活を送る限り避けて通れない、環境などで受けてしまう不可抗力の「ストレス」です。

 

ストレスは様々な形で私たちの心身に影響を及ぼします。

特に最近は、webサイト上で登録したパスワードが分からなくなってしまって、頭に血が上りイライラすることが、日々の大きなストレス原因になっていると専門家も警鐘を鳴らしているのです。

 

 

パスワードが思い出せなくてイライラ!

 

IT管理ウェアを開発・提供している「Centrify」社がある興味深い調査を行い、話題になっています。

それは、ITソフトやWebサイトを使用するときに、パスワード忘れやパスワード誤りでイライラしたことがあるか?というアンケート調査です。

 

すると、実に30%以上の方が「頭に血が上るほどカッとする」「ムカムカして叫びたくなる」ほどのイライラを感じるという回答をしたのです。

 

さらにこの30%のうちの25%(全体の1/4)は

「毎日必ず1度は、パスワード忘れでストレスを感じることがある」

と回答しています。

 

「Centrify」社のバリー・スコット氏は、このようなパスワード忘れによるストレスを

・飛行機の中での迷惑行為によるイライラ

・車を運転中の無理な追い越しや割り込みの際のイライラ

と並ぶ、逆上型のストレス原因として注意喚起しています。

 

逆上型のストレス原因のデメリットは、冷静さを失わせて思わぬ事故やトラブルを招きやすいだけではありません。

アンチエイジング面でも急激に血圧を上昇させやすく、全身の血管の老化を促進させてしまうほか、眉間やほうれい線の筋肉を強く収縮させて、深い表情ジワの原因ともなってしまいますので注意が必要です。

 

 

いまやITパスワードは生活の生命線

 

パスワード忘れによるストレスを避けるためのもっとも基本的な方法は、自分が関わるすべてのパスワードが分かるように管理しておくことです。

管理の方法は様々ですが、便利なアプリも数々発表されていますので利用するといいですね。

 

また、意外に手書きで記録を残しておく方法もアナログながら便利です。

その場合は、自分だけの記載ルールをしっかり決め、他人が見てもIDとパスワードとわからないように注意しましょう。

 

そしてもっとも大切で基本的な事…それは定期的にパスワードを変更したり、すべてのサイトのパスワードを同じものにしたりしないことです。

生活の生命線であるパスワードだからこそ、失念しない・漏れない工夫をしっかり行いましょう。

PAGE TOP ↑