カモミールティーにアンチエイジング効果が!糖化も酸化も予防できると再ブーム到来です

2015/09/08飲み物コメント(0)

A1509031

 

 

ハーブティーはハーブの持つ薬効がそのまま期待できる飲み物として、全世界で様々な種類が愛飲されています。

ハーブの種類にもよりますが、ほとんどのハーブティーにはカフェインが含まれていないため、夜お休みする前にいただいても差支えがない点も人気の一つです。

 

そんなハーブティーの中でも、特に女性のアンチエイジングにぴったりの呼び声が高い物があります。

それは、カモミールのハーブティーです。

 

 

ハーブティーのスタメン・カモミールティーの効果・効能がスゴイ!

 

カモミールとはギリシャ語で「大地のリンゴ」という意味を持ち、紀元前2000年の頃から珍重されてきたハーブです。

 

薬効として有名なのはリラックス効果で、香りと成分の働きで安眠を誘い、疲れを和らげるため、お休み前のティータイムにぴったりの1杯として広く愛されています。

 

お肌にとっても、カモミールティーはイイ効果を発揮します。

抗炎症・殺菌・美白効果を兼ね備えたカモミールは、大人ニキビを抑制し、傷ついた粘膜を補修する力に優れ、お肌を明るく保つお手伝いをしてくれます。

 

また、生理痛やPMS、更年期の不定愁訴など、女性ならではの心身の辛さを緩和する効果もあるカモミールティーは、まさに女性に生まれたら飲んでいただきたいアンチエイジングハーブと言えるのです。

 

 

カモミールだけで体の抗酸化・抗糖化が出来る!驚きの2つの成分とは?

 

カモミールにはアピゲニンというポリフェノールの1種が含まれています。

 

抗酸化物質であるアピゲニンは、体の中に現れては無差別に細胞を傷つけるシリアルキラー・活性酸素を除去する働きをします。

 

さらにカモミールのアピゲニンには、がん細胞の不死サイクルをジャマし途切れさせる抗ガン作用もあることが最近の研究で分かってきました。

がんにも打ち勝つ可能性を秘めた、心強い成分がアピゲニンなのです。

 

また、カモミールのカマメロサイドというポリフェノールにも、抗酸化力とともに、アピゲニンに匹敵するアンチエイジング効果が秘められています。

それは抗糖化作用です。

 

体の細胞と余分な糖分がくっついて、茶褐色のAgesという物質に変化させ老化を進めてしまう「糖化」ですが、カマメロサイドには糖化を防ぐ働きがあるのです。

 

 

さらに!カモミールで長生きできる新事実!!

 

テキサス大学が「カモミールと長寿」について研究調査をしました。

これによると、カモミールティーを毎日飲み続けている65歳以上の女性グループと飲んでいない女性グループを追跡したところ、カモミールティーを飲んでいる女性グループの方が、長生きした方が多かったそうです。

 

リラックス効果が高く、カフェインレスで体に優しく、アンチエイジング効果も高いカモミールティー。

長生きな日本に暮らす女性だからこそ、ぜひ愛飲していただきたい飲み物ですね。

PAGE TOP ↑