幸せなエイジングを叶えるならデュシェンヌ・スマイルをマスターしましょう!

2015/09/10おすすめコメント(0)

A1509041

 

 

9月に入って残暑は厳しいながらも、夏も終わりに近づく気配がしてきました。

いよいよ秋に向けて季節が変わろうとしていますね。

 

まだちょっと先ですが、紅葉シーズンのお出かけに必ず持っていきたいのが、スマホやデジカメ、凝っている方は一眼レフカメラなど、カメラ機能が付いたアイテムです。

 

素敵な風景とともに、一緒に出掛けた友人や家族とパチリ!

楽しいひと時の思い出を素敵な笑顔で残したい…と思ってはみたものの、実際に撮ってみると笑顔が自然に作れずに「目が笑ってない?」「顔が緊張している」と感じてしまったことはないでしょうか?

 

そんな方は、ぜひデュシェンヌ・スマイルを作れるように意識してみてはいかがでしょう。

 

 

デュシェンヌ・スマイルとは?

 

デュシェンヌ・スマイルは、フランスで1800年代に活躍した医師のデュシェンヌ氏が発見したことで名づけられました。

特徴は、

・唇の端がきゅっと上がっている

・頬の骨が自然に上がっている

・目尻にシワが入るくらい細めている

の3つで、別名「本物の笑顔」と呼ばれています。

 

本物の笑顔と呼ばれるのには訳があり、人はこの3つの表情が同時に行われている顔を見ると「心から笑っている」と感じて安心するのです。

 

またデュシェンヌ・スマイルは「幸せを予知する笑顔」とも呼ばれています。

ある女子大学の卒業写真を使った追跡調査では、デュシェンヌ・スマイルが身についていた女子学生の多くは、数十年後に心理的にも経済的にも順調な生活を送っている場合が多いことが分かりました。

 

特に心理面での充足感は大きく、デュシェンヌ・スマイルを持つ彼女たちへの周囲の評判を調べたところ

・結婚・育児・仕事・趣味などにおいて有能さを発揮

・たとえ困難に直面してもいつまでもくよくよせず、切り替えも立ち直りも早い

と好意的な意見で、デュシェンヌ・スマイルは愛され女子にとって必要かつ、年齢を重ねてもなお最大のチャームポイントだという結果が分かったのです。

 

 

意図的に作ったデュシェンヌ・スマイルでもスゴイ効果が!

 

さらにデュシェンヌ・スマイルのすごいところは、意図的に作った作り笑いのデュシェンヌ・スマイルでも脳にいい影響が与えられるところです。

 

どんなに気持ちが落ち込んでいる時でも、デュシェンヌ・スマイルを作るだけで脳に前向きな気持ちやくよくよしない気持ちが生まれることが、カリフォルニア大学の研究で解明され、注目を集めています。

 

とはいっても

・唇の端がきゅっと上がっている

・頬の骨が自然に上がっている

・目尻にシワが入るくらい細めている

というデュシェンヌ・スマイルをすぐに作るのは、けっこう難しいものです。

 

そこで、いざという時にデュシェンヌ・スマイルが作り出せるように、イメトレをしておくことがおすすめです。

 

本当に心から楽しいと思って笑うタイミングがあったら、自分の顔の筋肉の動きを意識しましょう。

どの筋肉が動いているのか?がつかめたら、再度楽しいことを思い出しながらデュシェンヌ・スマイルをイメージして作ってみましょう。

鏡で確認しながら行うと、より効果的です。

PAGE TOP ↑