栄養満点!朝ごはんでアンチエイジング!

2015/11/09食生活コメント(0)

 A1410161

 

 

 

「朝起きてすぐになんて、何も食べる気になれない・・・」という女性も多いですよね。

ですが、朝ごはんはできるだけ、きちんと食べたいものです。

 

また、朝からでもお腹が空いて「ガッツリ食べてしまいたい」とか「朝は甘い菓子パンを食べなきゃ気が済まない」という人もいます。

ですが、朝ごはんの内容を少し見直して工夫するだけでも、アンチエイジングに役立てることができてしまうのです。

 

 

 

朝ごはんには消化の良いものを!

 

A1410162

 

 

朝起きてすぐ、という時間帯には、まだ胃腸も働きが良くありません。

ここで、「朝ごはんはしっかり食べなきゃ!」とガッツリしたものを食べ過ぎてしまうと、胃腸に負担がかかり、かえって健康面で悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

朝ごはんには、消化が良く、身体に負担のかからないものを食べることが大切です。

バナナやリンゴといったフルーツなら、負担も少なく、朝ごはんを食べる習慣が無い人にも楽々取り入れられますね。

 

朝ごはんは、たくさんの量を食べれば良いというものではありません。

体温を上げるという目的で、消化の良いものを少し食べるだけで十分なのです。

 

 

「どうしてもパン派!」という人は?

 

A1410163

 

 

パンが大好きで、「どうしても朝食にはパン!」という人もいますよね。

アンチエイジングのためだからと、好きな食べ物を我慢しすぎるのはストレスになってしまいます。

 

そこで、どうしてもパンが食べたいという人は、朝食のパンをフランスパンにしてみましょう。

甘い菓子パンには糖分がたっぷりで、これは糖化の原因にもなってしまいます。

 

フランスパンなら、糖分が少ないうえに噛み応えがあるので、満腹感が得られやすく、食べ過ぎを抑えるのに役立ちます。

 

フランスパンで物足りなさを感じるなら、豆乳や野菜たっぷりのスープも一緒に食べると、より満足感がアップするうえに、美肌効果も期待できます。

PAGE TOP ↑